借金の返済で困ったら債務整理を

借金が返済できなくて困ってしまったという時には、債務整理をしましょう。債務整理というと、なんだか仰々しい感じがするという方もいらっしゃると思いますが、実はこの債務整理にはいくつか種類があって、中には比較的気軽に利用ができるものもあります。
例えば任意整理というものがその気軽にできるものにあたると言えるでしょう。この任意整理のは、だいだい2万円前後の費用で借金の減額、利息を低くするということが可能です。弁護士さんだったり司法書士さんに依頼をして、その方が債権者と相談をしてくれます。そこまで難しいものではありませんし、多くの場合には成功するものですから、2万円に勝るメリットがあると判断をした場合には利用をする価値はあると言えるでしょう。
また自分ではこの債務整理をした方が良いのかわからないという時には、弁護士事務所などで行っている無料相談を利用してみましょう。そういった無料相談で自分は債務整理をしたらどのくらいメリットがあるのかなどを確認した上で、そういった債務整理を行えば失敗のリスクも非常に少なくなると考えられます。
今借金で悩まれているという方々は、ぜひともこれらのことを参考になさってください。
そこで、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。
このサイトの管理人の方も、400万円の借金があって債務整理したみたいです。
債務整理について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。
http://借金返済できない払えない.com/

借金を背負う辛さ

私の知り合いで借金をしていた人がいます。
今はもう全額返済しましたが、借金を背負っているときは怖くて眠れなかったと言っていました。
彼の場合は例えばギャンブルなどで借金をしていたというわけではありませんでした。
ただ、1人で抱え込んでしまうので、みんな心配していました。
ですので、返済が完了したときはみんなでお祝いしました。
私はこのことがあったので、借金は絶対にしたくないと思っています。
もしかしたら、彼のようにせざるをえないことがあるのかもしれません。
でも、そうしたらどうなるかは彼を見て嫌というほど知りました。
あんな経験は決してしたくないですし、周りの人にもああなってほしくはありません。
彼は、ギャンブルに溺れたわけではありません。
何かに使いすぎたわけでもありません。
それに、借金を返すにあたって誰かに協力してもらったわけでもありません。
全て自分の力で返済しました。
それでもほとんど弱音を吐くことはなく、でも凄く苦しそうでした。
借金を背負った人にしか分からない苦しみを間近でみていて、こっちまで辛くなりました。
借金は、当人だけでなく周りも辛くさせてしまうのです。
今借金を背負っている人にそれを分かってほしいですし、自分の甘えから借金を背負ってしまった人は、十分に反省して欲しいです。

援助交際にハマってしまい借金を重ねる事になりました

性欲を処理する為に風俗を利用していた私ですが、風俗では性欲を処理はできても、エッチを楽しむ事はできませんから、今一つ不満に感じていました。
そんな私は思い切って、援助交際をする事にしたのです。
私は出会いサイトを使って、援助交際する相手を探しました。
出会いサイトにはお金さえ払えば、簡単にエッチをさせてくれる女性がたくさん居たのです。
ですから私は出会いサイトを使い、援助交際を頻繁にするようになりました。
援助交際でするエッチは、風俗なんかよりも何倍も気持ちが良いので、私はいつしか援助交際の虜になっていました。
初めの頃はたまに思い出した程度に援助交際を利用していたのですが、そのペースが段々と速くなって来たのです。
私は高給取りではありませんから、毎回援助交際での数万円の出費はとても大きいモノでした。
ですから収入だけでなく、貯金も使い話してしまい、終に私は借金をするようになったのです。
私は援助交際の快楽にどんどんハマり続け、借金もそれに応じて増えて行きました。
そんなを繰り返している内に、私の借金は200万円を超えてしまったのです。
私はここまで来てやっと、このままでは借金地獄になると思うようになり、援助交際をやめる決意をしたのです。
借金は返せど返せど減ってはくれず、今でも借金の返済に明け暮れています。
こんな事なら援助交際に手を出すんじゃなかったなと、今では深く後悔しているのです。

お金の怖さ

わたしは30代前半の男性です。
大学を卒業してから、中小企業に入社して一生懸命仕事に励んでいました。
平凡ではありますが、充実して幸せな生活を送っていました。
そんな時、自営業を営む友人から呼び出しがありました。
話しを聞いてみると、経営している工場の業績が思わしくなく、銀行からの借り入れいも断れてしまったので、友人の知人からお金を借りる事になったのだが、保証人が要るとの事。
その保証人にわたしになってほしいと頼まれました。
古くからの付き合いである友人の頼みではありましたが、保証人になるには抵抗がありましたが、金額も400万円といざとなれば何とかなる金額なので、承諾しました。
そこから2か月ほど経ち、友人は連絡もなく、夜逃げしました。
当然携帯電話は解約され、連絡も取れなくなりました。
工場は閉鎖され、わたしに借金の保証人を頼みに来た時は、すでに工場を畳み、お金を持って逃げる事を考えていたのです。
あまりのショックで、目の前が真っ白になりました。
お金の事もそうですが、小学校時代からの友人に裏切られたのが本当につらかったです。
借金は保証人になっている為、250万円を一括返済し、残りのお金は分割で支払いました。
完済まで2年かかりました。お金は人間関係を平気で壊す怖いものだと改めて感じました。